wifiは無線LAN通信ができることを示す言葉

WIFI18

この数年で、wifiという言葉も最近ではごく一般的な言葉になってきました。その背景には、スマートフォンやタブレットの普及があることは間違いないでしょう。さて、この読み方は、「ワイファイ」正式な名称は、Wireless fidelityです。

簡単に説明すると、無線LANといえば多くの方には意味が通じるのではないでしょうか。正式な意味合いだと、Wi-Fi Allianceという組織により、相互で無線LAN通信を行うことができると認定されたことを示す名称ということになります。

つまり、世に出回っている無線LAN通信可能な製品の前提条件として、このWi-Fi Allianceの認証を通っていることが挙げられます。当たり前に無線LAN通信ができているのであまり実感することはありませんが、当然、相互で異なる機器同士が、何らかの接続を行い、通信を行うには、やり取りする情報の形式をお互いが知っておかなければいけません。

各自が異なる信号を出していたのではとても通信はできたものではありませんね。そういった意味で、この認証ということが非常に重要となります。wifiという言葉は、無線LANのことという意味でなく、無線LAN通信ができることを証明する言葉として覚えておきましょう。

合わせて読む:Wi-Fiと光回線それぞれの良さ