wifiとは何を意味しているのか

WIFI16

wifiは、本来ブランド名で、 WI-Fi Alliance との団体によって、無線Lan機器間の相互接続性が認証されている製品を示す名称ですが、今は無線Lanの代名詞と理解されていると云っても過言ではありません、定義的に厳密に言えば、無線Lanとは違うのですが、無線Lanの相互接続性は、従来非常に不安定なものでしたが、wifiの登場により、この相互接続性は、飛躍的に向上し、利用可能性も一気に高まりました。

インターネットには有線の光ファイバーが主流になってきていますが、移動体通信としては今までの携帯電話によるインターネットアクセスがありました。ところがこの無線Lanの登場で、所謂ゲーム機でもインターネットに接続する事が可能となりました。

それだけではなく、家庭の電気製品でも可能性が出てきています。本来は、無線Lanですので、無線ルーターがあれば、より安定化した通信環境になるのです。いままでの携帯電話に加えて、市内の各場所にアクセスポイント、つまり無線ルーターを設置すれば、より安定的なインターネット環境が、到る所で誕生するようになります。

今までは単なるゲーム機であったものが、無限の可能性を持つ通信機器に拡大していく可能性もあるのです。

合わせて読む:Wi-Fiと光回線それぞれの良さ